カテゴリー
デンバー

私の国際交流 デンバー その3 ロッキーマウンテン国立公園 スタンリーホテル 

コロラド ロッキー

 

米国デンバーに行く機会があったら、デンバーのダウンタウウンから車で約2時間弱、雄大なロッキー山脈が位置するロッキーマウンテン国立公園へのドライブを楽しまない手はない。

米国大陸の西部カナダから米国ニューメキシコ州まで4800キロにも及ぶロッキー山脈の中で、標高4,200mを超える山が一番多いのがコロラドロッキーであり、ロッキーマウンテン国立公園内では標高で富士山の高さに近い場所までフリーウエイが延びており、しかもなだらかのゆったりした道がほとんどで特に夏場は普通の車で容易にドライブが楽しめる。公共交通でのアクセスが無いので、デンバーからの日帰りツアーを利用するか、自家用車かレンタカー利用となる。
デンバーという町自体がすでに標高1,600mという高地にあるため、ロッキーマウンテン国立公園へのアクセスを容易にしている。しかも成田デンバーの直行便のサービスがある現在は、アメリカ大陸の雄大なロッキー山脈が随分近い存在となっています。

デンバー ダウンタウンからは、I-25 (インターステイツ25号)を北上し、 USフリーウエイ36号線に移り北西へ、途中全米一健康志向な町と言われている町ボルダーを通過する。ボルダーにはコロラド大学のキャンパスがあり、陸上選手の高地トレーニングのベースとしても有名なきれいな町である。

更に36号線を北西方向に向かうとロッキーマウンテン国立公園の麓、標高約2,300m、人口6000人ほどの小さな町エステスパークに着く。標高2,300mというと富士山の5合目の高さ、ボルダーを過ぎたあたりから、片側1車線の緩やかな登り坂、雄大な原野や林の中を通って来たし、エステスパークはいなかの山間の小さな町という雰囲で、ここが標高2,300mの富士山の5合目と同じ高さとは到底思えない。この町のメインストリート両側には、みうやげ物屋、スイートショップ、レストランが並びお客はほとんど観光客、店の裏側の小川ではロッキー山脈の雪解け水の清流が勢い良く流れている。

ここまでデンバーのダウンタウンからは、約1時間半、デンバー空港からは、約2時間。朝出れば、ちょうど午前11時間ころになるので、ここで早めのランチとなる。36号線でこの町に到着する直前、エステス湖の中を通る感じで橋を渡る。水深は浅い様で、野生のエルク(ヘラジカ)が、水浴びしているのを何度も見かけた。

スタンレーホテル

エステス湖を過ぎて右手の丘に岩山をバックに赤茶色の屋根で白い壁の大きな建物、スタンレーホテルが見える。伝説的なスタンレーホテルは、1909年に蒸気自動車の発明者であるオスカー・スタンレーによって開かれ、過去に多くの著名人が宿泊、我が上皇陛下上皇后もご宿泊、またホラー映画「ザ、シャイニング」の舞台となった。
ホテルのロビーには、当時の蒸気自動車、スタンレー・スティーマー号が、展示されている。
我々のグループは、毎年8月ロッキーマウンテン国立公園へのドライブを行い、毎回このホテルのカスケードレストランで早めのランチを楽しんだ。日本からお連れしたお客様が4名、私と私の米国の会社の上司1名計6名のグループ、毎回予約なしの飛び込みだったが、早めのランチのせいかいつも良い席が取れた。

ロッキーマウンテン国立公園

エステスパークからトレイルリッジ・ロード(US 34号線)と呼ばれる山岳道路に入る。最初の内は、雄大なロッキーの山々を眺め、広大な湿地帯や道路に沿って走る急流の景観が楽しめる。時々前方に何台かの車が停車している場合は、エルク(elk)やムース(moose)の様な野生動物が道路わきにいて観光客が見物しているのである。さらに走ると高度が上がり森林地帯からツンドラ地帯へとまわりの景色も一変する。トレイルリッジ・ロードの一番高いところは標高3,713mで、富士山の山頂とほぼ同じ高さを車で走れてしまう。雄大なロッキーの山々の景観を楽しみながら、これだけの高度の場所に車で簡単に行くというのは、なかなか貴重な経験である。

カテゴリー
デンバー

私の国際交流 デンバー その2 ホテル、高速道路

ホテル

デンバー国際空港のレンタカー会社でレンタカーを無事借りて、事前に予約していたホテルに向かいます。

私が契約社員として働いていたデンバー在住の会社に頼んで予約してもらったホテルで、空港から40分位、その会社社まで、20分位という位置です。アメリカのデンバーの様な地方都市には、郊外のフリーウエイ(高速道路)の出口近辺に、2ベットルームで1泊80~150ドル位のホテルが何件もあり、部屋も広々としていて快適です。

(ホテルの窓からの風景、遠くにロッキー山脈の一角、マウント エバンス 標高4,350m が見える。)

例えば、デンバー郊外ではFour Points by Sheraton,  Embassy Suites by Hilton,  Hampton Inn by Hilton, La Quinta Inn & Suites, Courtyard Marriot, Ramada Inn, Comfort Inn, Days Inn 等々で、だいたい大手のHilton、Sheraton、 Marriot 系である。こういうホテルで気を付けなければいけないのは、同じホテルがその都市に2,3か所別の場所にある事が結構多いのである。
例えば、Courtyard Denver Airport, Courtyard Denver Downtown, Courtyard Denver Tech Center の様にホテルの名前、Courtyard の後にその地域の名称が付いてはいるが、紛らわしい。特に空港からホテルの送迎バスを利用したり、タクシーを利用する場合は充分確認すべきである。

これらのホテルは、プールやフィットネスセンター、ホテル内レストラン、多目的ルーム、大会議場があったり、ビジネスやレジャーに多目的に使われており、日本で言ったら高級ビジネスホテルという分類に属するのかもしれない。
ただほとんどのホテルで部屋に付いているエアコンの音が結構うるさい。アメリカ人は,あんまり音を気にしないのかも知れない。また浴室は、決まってこれが標準なのかシャワーヘッドがバスタブの脇の壁の上部に固定されているタイプである。しかもシャワーヘッドの角度があまり変えられない。シャワーヘッドが外せないのでどうも体の隅々まで洗った気になれない。
これはバスタブ、トイレ、洗面所が同じ部屋の中にあって、シャワーを浴びる時は、シャワーカーテンで仕切るだけであり、トイレ、洗面所部分の床が防水加工されてないからの様である。高級なホテルで浴室が独立して別になっている部屋では、シャワーヘッドは外せるタイプのものが付いている場合もあるが、一般的ではない。
シャワートイレに関しては、日本の様に普及していない。シャワートイレに慣れ親しんでいる身としては、どうも不便で、電池式の携帯シャワートイレを持っていったりして使っているが、携帯式は使い難いし、水の勢いが弱いのであまり便利とは言えない。

高速道路

 

 

 

カテゴリー
デンバー

私の国際交流 デンバー その1 デンバーという都市、入国審査

デンバー

 

デンバーという都市

米国コロラド州の州都デンバーは、私にとっては米国東部ニューヨークともに大変関連のある都市である。
ニューヨークは、1985年から1991年まで6年余海外赴任生活、その帰国直後からデンバーは、仕事の関係で1991年から2015年まで26年間、年5-6回のペースで訪問していたので、いろいろ詳しくなる訳である。

デンバーは、コロラド州中北部、ロッキー山脈の東側山麓に位置し同州の政治、経済、文化の中心都市で人口は約60万人、周辺のコロラドスプリング、ボルダー等10郡の広域都市圏の合計の人口は約310万人に達する。同州の西側にはロッキー山脈が南北に貫いており、州全体の平均標高が全米で一番高い山岳地帯の州である。

デンバー市は標高1600メートルに位置し、米国では「マイル ハイ シティ」と呼ばれている。アメリカは、いまだにメートル法を採用してない世界で数少ない国の一つで、1マイルが1,609m、デンバー市の標高がだいたい 1マイルであることから、こう呼ばれているのである。

デンバーの気候は、年間300日は晴天と言われていて1年を通じて乾燥していて夏場でも日陰に入れば快適である。冬場は、雪は降るが何日も降り続くという事はあまりない。ヴェイル、アスペンという米国屈指のスキーリゾート地へも車で2,3時間という近さである。夏場もロッキー山脈国立公園に同様に2,3時間のドライブというアクセスの良さから、年間を通じて観光客に人気のスポットである。

基幹産業の企業も多いが、乾燥している地域ゆえ航空宇宙、IT産業の企業も多く、また地震もほとんど無いので、西海岸からの企業、人の流れも多く、デンバーはますます発展している感じです。農業、牧畜業に関連して西部劇で目にするウエスタン文化も根強く残っているのが、この地の特徴と言えます。
マイルドな気候、豊富な自然、超大都市に比べれば割安の物価等々で、デンバーは、アメリカ人にとって住んでみたい都市の上位に位置する人気都市との事です。

成田からデンバーに行くには、長年必ず西海岸のシアトル、サンフランシスコ、ロスアンジェルス経由で行く必要があった。西海岸からデンバーまでは、米国国内線で2時間半くらい、もっともっと遠いシカゴ、アトランタ、ダラス、ニューヨークまでの成田からのノンストップ直行便があるのに、なぜ成田デンバーの直行便がないのか長年不思議であった。

それが、この標高1600メールの高地にデンバー空港が位置している事が影響していたのである
成田からデンバーの行きは良いとしても、問題は高地で酸素の薄いデンバーからの離陸である。距離からいっても採算からいってもボーイング777や747等のジャンボ機を運行させる必要があるが、デンバー空港で離陸時に酸素濃度が低いため相当量のジェット燃料を使う必要があり、ようやく離陸したとしても成田までジェット燃料が持たないのが問題であったのである。確かに他の都市の空港はデンバーほど高地には位置せず、デンバーとは条件が違うのである。

ボーイング社が787という燃費に優れた航続距離の長い新鋭機を完成、2013年6月からユナイテッド航空が成田デンバー間のノンストップ直行便の運行を始めた事により、成田からデンバー間は所用時間約10時間30分、デンバーから成田間は約12時間30分となった。以前は、成田サンフランシスコ等米国西海岸まで約9時間半、そこで入国審査の長い列、そしてだいたい2時間から3時間後の国内線でデンバーまで更に約2時間半、合計14時間から15時間かかったのである。

要は、直行便の方が3-4時間時間がセーブできる上に、乗り継ぎがスムースに行くとは限らないので、ノンストップ直行便の利便性は、比べ物にならない。

入国審査

デンバー国際空港に到着してチェックインした荷物を受取り、入国審査。日本のお客様5-10名をお連れして入国審査を受ける時は神経を使った。入国の目的を聞かれたりたりするのであるが、日本のお客様は、ネイティブの英語に当然慣れてなく、入国審査官の質問に全く答えられない事が多い。私が「同じグループ。通訳するから」と後続の列の途中から叫んでも、「お前はそこにいろ。だいたい入国審査は、個人個人で行うのが原則だから」と追い払われる。手に持った携帯のマイクで入国審査所属の日本語通訳者を呼んだりしてる。

そのくせ夫婦で入国審査を受けるときに、気を利かして一人ずつ入国審査官に対応してもらおうとすると、「お前らは夫婦か?」と聞いてくる。「そうだ」というと、「夫婦は一緒でなければいけない。」と一緒に来いという。
入国審査官との対応は、英語に慣れてない人には大変と思い、ある時から事前に英文の行動予定表を作って各自に渡し入国審査官に見せる様に指示したところ、その後スムースに行く様になった。

レンタカー会社

入国審査も無事終わり、空港からホテルに移動する訳であるが、ここから滞在中通して事前に予約済みのレンタカーの使用となる。空港のターミルから表に出て、レンタカー会社の循環バスの乗り場まで移動する。Avis、Hertz、Budget、Dollar、Alamo等々のバスが、頻繁に循環している。デンバー国際空港は、1995年に現在の地に置き換わった広大な敷地の米国最大の大空港で現在滑走路6本で運用されており、とにかく広いので、空港からレンタカー会社まで、この循環バスで5-10分位かかる。ちなみに、この循環バスは無料である。

到着したレンタカー会社の事務所で、レンタカー使用の手続きするのであるが、本人の確認としてパスポート、そして当然運転免許証の提示が必要となる。国際免許証と日本の免許証両方を提示すると、国際免許証に見向きもしないで、日本の免許証の提示が求められ、それに基づいて氏名、住所、有効期限の確認等がなされる。当然日本の免許証は、これらの情報が漢字で、有効期限に関しては西暦でなく元号で記されているので、口頭で英語で説明する。有効期限に関しては、西暦と元号併記が2019年3月交付分から警視庁で始まったとの事であり、今後はレンタカー会社への説明が楽になる。

米国への短期訪問者が運転する場合、あくまでも携帯が必要なのは日本で発行された有効な日本の免許証であり、国際免許証が無くても米国の多くの州で合法である様である。国際免許証は、その翻訳版に過ぎないという解釈に基いている様である。レンタカー会社でも絶対に必要なのは、有効な日本の免許証とパスポートである。米国だからと国際免許証だけ持っていくと、レンタカーも借りられないし、例え友人の車を借りて運転しようとしても国際免許証だけでは違法となる。とはいえ、国際免許証は持参すべきと思う。米国で万が一に事故とか何かトラブルに遭遇した場合英文の書類は当然役に立つと思うからです。