私の国際交流② デンバー その2 ホテル、高速道路

デンバー

ホテル

デンバー国際空港のレンタカー会社でレンタカーを無事借りて、事前に予約していたホテルに向かいます。

私が契約社員として働いていたデンバー在住の会社に頼んで予約してもらったホテルで、空港から40分位、その会社社まで、20分位という位置です。アメリカのデンバーの様な地方都市には、郊外のフリーウエイ(高速道路)の出口近辺に、2ベットルームで1泊80~150ドル位のホテルが何件もあり、部屋も広々としていて快適です。

(ホテルの窓からの風景、遠くにロッキー山脈の一角、マウント エバンス 標高4,350m が見える。)

例えば、デンバー郊外ではFour Points by Sheraton,  Embassy Suites by Hilton,  Hampton Inn by Hilton, La Quinta Inn & Suites, Courtyard Marriot, Ramada Inn, Comfort Inn, Days Inn 等々で、だいたい大手のHilton、Sheraton、 Marriot 系である。こういうホテルで気を付けなければいけないのは、同じホテルがその都市に2,3か所別の場所にある事が結構多いのである。
例えば、Courtyard Denver Airport, Courtyard Denver Downtown, Courtyard Denver Tech Center の様にホテルの名前、Courtyard の後にその地域の名称が付いてはいるが、紛らわしい。特に空港からホテルの送迎バスを利用したり、タクシーを利用する場合は充分確認すべきである。

これらのホテルは、プールやフィットネスセンター、ホテル内レストラン、多目的ルーム、大会議場があったり、ビジネスやレジャーに多目的に使われており、日本で言ったら高級ビジネスホテルという分類に属するのかもしれない。
ただほとんどのホテルで部屋に付いているエアコンの音が結構うるさい。アメリカ人は,あんまり音を気にしないのかも知れない。また浴室は、決まってこれが標準なのかシャワーヘッドがバスタブの脇の壁の上部に固定されているタイプである。しかもシャワーヘッドの角度があまり変えられない。シャワーヘッドが外せないのでどうも体の隅々まで洗った気になれない。
これはバスタブ、トイレ、洗面所が同じ部屋の中にあって、シャワーを浴びる時は、シャワーカーテンで仕切るだけであり、トイレ、洗面所部分の床が防水加工されてないからの様である。高級なホテルで浴室が独立して別になっている部屋では、シャワーヘッドは外せるタイプのものが付いている場合もあるが、一般的ではない。
シャワートイレに関しては、日本の様に普及していない。シャワートイレに慣れ親しんでいる身としては、どうも不便で、電池式の携帯シャワートイレを持っていったりして使っているが、携帯式は使い難いし、水の勢いが弱いのであまり便利とは言えない。

高速道路