私の国際交流 デンバー その3 ロッキーマウンテン国立公園 スタンリーホテル 

デンバー
途中、展望台も何か所かあり、アルパイン・ビジターセンター(標高3,595m)に車を止めて、壮大な景観を楽しめる。さすがにこれだけの高度となると、真夏でも外の温度は、0-10度と真冬なみ、厚手のジャケットを持って行かないと車の外に出れず、雄大で荘厳な景色を楽しめない事になる。 トレイルリッジ・ロードは、ロッキーの山々の中腹や山頂近くを巡りながら、エステスパークから東にグランドレイクまで伸びている全長75㎞の山岳道路で雄大な景色が楽しめる人気のドライブコースである。デンバーからの日帰りコースとなると、アルパイン・ビジターセンターまで行って戻るか、そのまま進んでグランドレークから南下してUS34号線、US40号線経由、I-70(インターステイツ70号)に入り、I-70を東に進んで、デンバーに帰ってくる方法があるが、後者はたっぷり時間がかかる。 ただこのI-70 の広々とした高速道路の脇に接している岩だらけの崖の途中に、白い毛並みの野生のヤギ(マウンテン ゴート)が、何匹もいたり、バファロー(アメリカバイソン)の牧場が道路脇にあって、途中下車したりしてるとデンバーに着くのが遅くなってしまうのである。バファロー(バイソン)は、アメリカの歴史においてインデアンの主食を奪うためと、牛の放牧地を増やすために、白人により乱獲され絶滅近くまでなったが、その後保護されている。米国西部の一部のステーキレストランでは、バファローを食する事が可能である。デンバーでは、テッズ モンタナ グリル(Ted’s Montana Grill)で食する事ができるが、ビーフより脂身の少ない、柔らかい美味しいお肉である。ちなみにこのレストランは、オーナーが米国で有名なTVニュースキャスターのテッドターナー氏である事でも良く知られている。 <完>