カテゴリー
オンライン英会話 

私の英会話勉強法⑦ <オンライン英会話>

最初にどのStage から始められるのかという簡単なテストがあり、自分の英語力からしてStage 5 か 6からと予想していたら、Stage 2からとの事。ある程度喋れるからといって、私は短縮形やリエゾンの発音に問題があり、Stage 2から始めるべきという指摘は、実際に受講してみて納得した。
Stage 2 からと言っても、基本的な単語の意味、使い方、文法等学ぶ事はいっぱいあり、またそれらを全て英語で学ぶという点でも大変勉強になった。

レッスンでは最初に先生が質問をかなりの早口の英語で2回繰り返す。教材は見る事ができないので、どんな質問なのか集中して聞く事になる。事前に予習しているとはいえ、質問と答えを全部暗記できている訳ではないので、なんとか答えようとするが、どうしてもたどたどしくなる。
その都度先生が訂正してくれるが。長い文章の場合は、ほとんど先生に助けてもらって答えるのが普通である。
まずそれぞれの質問の意味が解らないとレッスンにならないので、先生が早口で喋る間、本当に集中して聞かざるを得ない。
カラン メソッドを受講して、一番実感したのは、リスニング力がかなり付いたというものである。例えば、突然耳に入ってきた英語が前より聞きとれたりするという感じである。

カラン メソッドの教材に出てくる英語は、イギリス英語である。したがって、アメリカ英語に慣れている私としては、単語とかフレーズであんまり聞いたことがないものもたびたびある。
受講中に、フィリピン人の先生に聞くと、これはイギリス英語で、やはりアメリカ英語ではあまり使わないとの事。
イギリス英語ベースでのカラン メソッドをアメリカ英語を話すフィリピン人の先生に教わっているのである。
ネイティブ キャンプ の他のコースでも、発音のモデルとして録音されてる文章の読み手がアメリカ人だったりイギリス人だったり、アメリカ英語とイギリス英語を特に厳格に分けて教育している訳ではない。

カラン メソッドは、英語を訓練の様な形で教えるので、受講中は神経を集中させる必要があり、予習も必要なので、毎日1回26分で充分と思います。カラン メソッドは、次の「私の英会話勉強法⑦」の記事、「日本語脳と英語脳」で説明しますが、要は英語脳を鍛えて英会話を習得する学習法ですので、もちろんレッスンの間は英語のみで、英会話を習い始めたばかりの初心者の方には、しばらくの間レッスンについていくのがかなりきついと思います。半年くらいネイティブ キャンプの「日常会話初級クラス」等を学習してから挑戦すると良いでしょう。
またカラン メソッド は、途中で付いていくのが大変と思ったら、また以前やったところに戻って繰り返すというのも良いでしょう。カラン メソッド コースは、予約してでないと受けられませんので、1回予約料が200円かかります。私は、ほぼ毎日1回受講で、Satge 2  から Stage 12まで、1 年10ケ月かかりました。カラン メソッドは確かにちょっと、きついかも知れませんが、上達スピードは早いと思います。
カランメソッドで英語力向上!
英会話の能力を高めるには、毎日毎日例え短時間でも継続して実際に英語を話して学習する事しかないと思います。オンライン英会話ではそれができるのです。しかも個人レッスンです。

カラン終了後

カランの全Stage 12 終了したからと言って自分の思い描いていた英会話力の向上にはまだまだと思い、再度カランStage 4 から Stage 9まで受講しました。そしてその後、ネイティブ キャンプの発音コースを受講、それが終わって最近は、デイリーニュース コースを毎日受講しています。
自分にとって新しいまたは使いなれてない単語やフレーズは、一度学習して覚えたつもりでもなかなか実際の会話で聞いてもそれと解らなかったり、特に話す時なかなか口から出てこないものです。
実際に会話のなかでその単語を使って何度も何度も練習しないと新しい単語やフレーズは、身につかない。そういう点でデイリーニュース コースは、会話での自分の語彙力を高める意味で役立っています。
また、私の英会話での語彙力はどうしても自分の仕事に関連するものと自分の好きなものや趣味に偏っていますので、いろいろな記事が揃っているデイリーニュースは、役立っています。
ネイティブキャンプ


<完>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください