私の英会話勉強法① <英会話が苦手な日本人>

英会話が苦手な日本人

発展途上国の多くは、自国で自国語で高度な教育を受ける事ができず、学術、研究分野での国際語である英語で教育を受けざるを得ないという背景もある。

最近日本は海外からの旅行客も急増して小売業やサービス業で実際に使える英会話力が要求される事もあるが、
一般的に言ったら普段の生活で英語を必要としない日本人が大多数である。
必要に迫られないから英会話を勉強しない人が、まだまだ圧倒的に多いのである。

日本の文化が障害となっている

日本の文化、日本人の性格が、多分に英語力の低さや、英語コミュニケーション力の低さに影響を与えているのは否定できないであろう。
英語に限らず、外国語の習得は、試行錯誤を繰り返してのみ上達するものであるが、日本人のプライドが高くて完璧を追及し、恥を恐れる性格が失敗を恐れ、試す事すらあまりしない事も影響している。
誰も最初から上手い人なぞいないのに。グループの中で一人でも英語を喋リ出すと、他の人が黙ってしまうのが良い例である。

これは他人を気遣って遠慮してしまうという日本人の優しい性格も起因しているが、我々は自国語でない英語で会話しているのである。
下手で当たり前。他人を思いやるという優し気持ちは日本人としてもちろん忘れずに、英会話の習得にもっとウエイトを置いてもらいたいものである。

グローバルなビジネスの場では、相手を英語で論理的に説明する必要がある場面に出くわすが、多くの日本人は英語でそうする事に苦手意識をもっていて、そういう説明があまり上手くない傾向がある。
日本は単一民族で非常に平均化された社会であり、いちいち言葉で伝えなくても相手の意図を察し合うことでコミュニケーションが成り立つ事が多いし、それに慣れているので、日本語でも議論は苦手な人が多い。
しかし、日本とは異なった社会の外国の人々と接する時は、苦手であってもしかも英語で理論的に説明しなければ、意思疎通がうまく図れないのである。

プレゼンテーション能力が低い

以上、日本の学校での英語教育、一般的に英語が必要とされないという環境、日本の文化、日本人の性格等いろいろな事が原因としていると思われます。
しかしながら英語がうまく喋る様になりたいという日本人は、本当にたくさんおられます。私ももっとうまく喋りたいです。
英会話の学校も日本には多数ありますし、最近ではオンライン英会話、YouTube でも気軽に英会話が学習できます。

そして、その英語をうまく喋るという能力が、会話力、プレゼンテーション能力、つまり自分の意見を相手に解ってもらうように論理的に英語で喋って説明できるという英語力です。
私の学生時代、昭和、平成世代は、プレゼンテーション専門の授業なんて学校で全くなかった。
人前で自信をもって自分の意見を論理的に言う、しかも質疑応答に適正に対応できるという能力は、日本語でも英語でも当然技術を必要とするもので、訓練、練習で向上するもので、教えてもらわないと育たないと思うのですが。

ただ、最近はプレゼンテーション能力の重要性も理解され、小中学校でも授業が行われる様になってきたと聞きます。要は、日本人は、まだまだプレゼンテーションの能力が低いと言えると思います。

まとめ

母国語以外の言語、英語を必要な時だけ流暢に喋るというのは、誰にとっても大変難しい事です。
言語は日々使わないと例え母国語でも衰えていきます。英語を喋るなら例え短時間でも日々の練習が、不可決ですし、永遠の挑戦です。

 

<完>

コメント